読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Crazy Accelに恋をして

動物番組で愛猫ニャン太と戯れる小山慶一郎を見てから、NEWSも気になり始める。
慶ちゃんは横尾さんと同期、さらに以前は同じユニットに所属していたと知る。

横尾担になる前からの友人で、ドぎついジャニヲタがいた。嵐・NEWS・関ジャニあたりを手広くカバーしており、私がキスマイに熱を上げていることに大層喜び、映像作品をたくさん貸してくれた。
特にNEWSのDVDは種類が豊富で、しかし作品ごとに人数が異なることに初心者ながら心を痛めた。
これでもかっちゅーくらいチャンカパーナを繰り返すDVDが印象的だった。耳馴染みのある曲ばかりで、4人のNEWSが流す涙は美しく、私の目頭を熱くさせた。

「横尾担だけどジャニヲタではない」がスタンスだった私には、いくつか条例があった。

・雑誌は買わない(きりがないし、必ず置き場所に困る。)
・写真やクリアファイルなど、公式の物でも映像作品以外は買わない(しゃべらないし、動かないし、そもそも横尾さんのヴィジュアルには執着がない。)
・キスマイ以外に課金しない

ここに、あっさりと追記が施される。
『キスマイ以外への浮気は許されない、でも慶ちゃんは特別。だって横尾ちゃんと慶ちゃんの仲だし、猫好きの人に悪い人はいない。』
慶ちゃんは特別だった。
芯の通った長身、褐色の肌にパッチリ一重。泣き虫で猫好きでスウィーツ好きで家庭的。お嫁さんになってほしいと思った。

私は世の中の法律や常識に従おうと心がけているが、人に言われたことは納得できないと素直に従えないきらいがある。自分で決めたルールによってのみ行動するので、この自分ルールは理性でありプライドであり、成人として断ち切るべき悪習でもあった。
しかし、その時その時の状況に応じ真っ先に意見を変えられる謎の柔軟性を持ち合わせているので、自分ルールはこの後しばしば改訂が行われる。

これにより、晴れてNEWSが解禁となった。
アルバムを引っさげたコンサートツアーが始まると知り、友人も当然のように福岡公演を申し込んでくれた。
予習のため、以前にも増して熱心にNEWSのDVDを鑑賞した。若かりしキスマイやA.B.C、京本大我など、知っている顔がいくつもありお得感が満載であった。深澤辰哉の顔が見えたような気がしたが、それよりもJr.時代の塚ちゃんの端麗さに震えた。


シアタークリエ「ジャニーズ銀座2015」にSnow Manが単独で出演することを知る。
一般発売日がたまたま休みだったので架電しまくったが、完売まで一度も繋がることなく砕け散った。
希望日は既に有給申請してあったため、自分でも驚くほど落ち込んでいた。
ジャニーズWESTにハマり始めた姉(バンギャ)がパリピポツアーの広島公演に連れて行ってくれることになり予定は埋まったが、気持ちはなかなか晴れなかった。

その日の昼、気分転換にCDショップへ出かけた。
A.B.C-Zの特典DVD付きアルバムを見つけ、本当は気になっていたCrazy Accelが収録されているから欲しかっただけなのに、あくまで「横尾さんが河合郁人にお世話になっているから」という自分ルールに従い購入を決意する。
アルバムはCD2枚にDVD1枚と、ボリューム満点の内容だった。曲が多すぎてどこから手を付けていいのか分からず、とりあえずCrazy Accelと、サイちゃんが好きだと言っていた砂のグラスを交互に再生し、そこから動けなくなった。

初めてフルで聴いたCrazy Accelは余りにもドラマチックで、駆け上がるような疾走感と哀愁漂う詞が胸に迫り、完全に恋に落ちた。
空き時間さえあればとにかくCrazy Accelを聴き、切ない恋心が加速してゆく様を憂い、「ベイベッベイベッ」した。
余りにもCrazy Accelが好き過ぎて、なかなか他の曲に行けず、このアルバムの全曲を聴き終えるのに数ヶ月かかった。

A.B.C-Zの楽曲は歌謡曲感があって非常にエモかった。
ずっとLOVEに見る80年代ユーロビート風の展開もオタク心を心地良くくすぐってくれた。
地方ゆえに彼らの活躍を少クラ以外の番組で観ることは叶わなかったが、相変わらずTLには横尾さん情報に紛れてA.B.C-Z情報が点在していたので、不足を感じなかった。

そんな通常運行のTLで、画像付きの速報が新しい風を運んできた。
A.B.C-Z アルバムリリースが決定、リード曲のMVにSnow Manが出演しているとのこと。
追加情報によるとシリアルコードで東京か神戸のファンミーティングに応募できるという。
深澤辰哉の尊敬する先輩が河合郁人であるということも既に認識していたし、キスマイのシングル以来CDを複数枚購入することに抵抗は無かったので、自分ルールに『A.B.C-Zは素晴らしいので何も迷わなくて良い』と追記し、amazonに飛んだ。