読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年5月 ジャニーズWEST 広島

前述の通り、シアタークリエ「ジャニーズ銀座2015」Snow Man単独公演のために取得した有給休暇だった。

広島へは車で行けるが決して近くはないし、クリエへの未練が捨てきれなかったため、実は直前まで気乗りしなかった。
同行する姉(バンギャ)よりアルバム収録曲「アカンLOVE〜純情愛やで〜」でパラパラを踊ると聞かされ、ユーロビートオタクとして俄然行く気になった。

テレビ東京系も入らなければ関西ローカルも入らない地域なので、ジャニーズWESTの活躍は音楽番組か少クラでしか知り得なかったが、救済してもらった関西の番組で重岡くんがダブルダッチに挑戦していたことを知る。床のパネルがめくれて大変そうだった。
濱ちゃんがオアシズの大久保さんに対しめちゃくちゃカッコよく振る舞う番組も入れてもらっていたので、ナマの濱ちゃんを観られるのは楽しみだった。
あとは“テルシ”が北山先輩のことを「みっちゃん」呼びするのが熱いと思っていた。

NEWSの物販では炎天下に長時間並んで大変だったと姉が言うので、熱中症対策万全で広島に向かった。
物販は涼しい建物の中にブースがあり、拍子抜けした。
ここでは自分用のパリピポペンライト、友人に頼まれたうちわとパンフレットを購入。

開演前から「ジャニスト!(パンパン)ジャニスト!(パンパン)」というコールが飛び交う。
NEWSの時も「にゅ〜す、にゅ〜す」という声があったが、その比ではない。完全に主観で本当に申し訳ない。「ジャニスト!(パンパン)」は怒号に近かった。
「いてまえ」とか「やったらんかい」みたいな気概を感じた。率直に(関西、怖い)と思った。

姉が淳太くんうちわを自作して来ていたので、一緒に持ってあげることにした。
事あるごとに淳太くんはこちら方面に駆け寄ってきて、熱心にお手振りをしてくれた。アイドル様だった。

重岡くんはお風呂上がりばりに汗を拭きまくっていた。歌って踊る時以外はたいがい汗を拭いていた。
歌の最中、ふとした瞬間に幸せそうに目を細める時がある。フォロワーのしゃまいんちゃんのツイートで知っていたが、「これか」と思った。
客席やメンバーなど特定の誰かに向けるわけでもなく、やんちゃなスマイルとも不敵なニヤリとも違う、慈愛に満ちた優しい顔をする。
重岡くんのメンバーカラーが赤で8月生まれの乙女座ということくらいしか知らなかったが、今回大変な事実を知ってしまったなぁと思った。

8月生まれの乙女座といえば、確か“テルシ”もそうだった。
骨太で安定感のある体型の男性が好きなので、なんだかんだで“テルシ”は気になっていた。
“テルシ”は男っぽく力強い踊りをしていた。双眼鏡の視界に入れた瞬間「あっ好き」だった。

申し訳ないことに、関西Jr.も全然分からなかった。
ただ、お立ち台で岩本照に似た雰囲気の子が楽しそうに踊っているのが気になった。
帰ってからフォロワーのサイちゃんに聞くと、どうやら向井康二くんというらしい。改めて向井康二くんの名前をググってみると、V6の三宅健にそっくりだった。
岩本照は三宅健には似ていないのに、向井康二くんは岩本照に似ているように見えたのが不思議だった。
これは最近知ったことだが、向井康二くんのお兄ちゃんと岩本照が似ているらしい。日本はなんて素晴らしい国なんだ。

アンコールの際は「ジャニスト!(パンパン)ジャニスト!(パンパン)」に参加した。声に出してみるとなんとも軽快で小気味良く、「ジャニ」の部分で自然と口角が上がる。口角が上がると声に表情が付く。楽しいと思いながらその一部に溶け込んでしまえば、(関西、怖い)は完全に消え去っていた。


帰りの車中で、姉との会話は成立しなかった。
「あきとくん結婚したい」
「じゅんじゅん…」

関西はやっぱり恐ろしい。