読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2015年9月 近藤真彦 広島

かわいいかわいい我らが宮近属するTravis Japanが、マッチ先輩のバックでお仕事するって言うから!「広島なら車で行けるし、当たればラッキー」くらいの軽い気持ちで申し込んだ。

確か博多座のEndress SHOCKの申し込みと同じくらいの時期で、ATMに払込票を挿し込みながら(私って意外とJr.のこと好きなんだなぁ)と実感していた。
 
ツアー日程発表・申込後にSnow Manの「少年たち」出演が決まり、意識が完全に日生劇場に持って行かれる。
9月はありったけの有給休暇を少年たちに捧げることになり、なんとマッチ先輩のための休日を申請できなくなるという痛恨のミスを犯す。
正直マッチだし、宮近もアヴェもサマステで観たし、社内のトラジャ担に譲ればいいや、そもそも当たるかどうか分からないし、と思っていたら見事当選。いやいや、チケットがあっても仕事が休みじゃないとどうしようも……休みだった
かくしてコンサート20日前にようやくカラシマの近藤真彦現場参戦が確定したのであった。
 
往路の車中では滝沢歌舞伎2012を流していた。
やはり大好きなSnow Manを観るのが楽しいが、さすがにコンサートの直前くらいはお目当ての子たちに関連するものを観ておかなければと思ってのセレクトだった。
まぁ…相変わらず岩本照がカッコイイ。松の廊下の「名残惜しいことよのォ〜ッ!」。大好きだ。
運転中なので画面ばかりを観てはいられないが、器用にディスクを入れ替え、広島市内を目指す。これまでSnow Manばかり観ていたので意識したことがなかったが、ふとよく通る声に気付いた。川島如恵留。(あぁ、この子がのえるか。個人的にあんまり得意じゃないなぁ)というのが率直な感想だった。
滝チャンネル“トーク虎の穴”回でヒロキ君が「のえるはやたら客席を誘う」と言っていたことと、“4WAT”回でヒゲが付いていたことくらいしか川島如恵留情報を持っておらず、川島如恵留の事を全く知らないながら勝手に苦手扱いしていた。
とにかくトラジャの中で私が好きなのは宮近。しかもコンサート翌日の9月22日は宮近18歳の誕生日。頼まれた写真のお遣いと、17歳最後の宮近を拝むのが今回の目的だった。
 
 
1階席の年齢層は高めに見えたが、私の入った2階席はJr.担と思しきお姉さん方も多く見受けられた。
いざ開演、マッチ先輩登場。迫力の生バンド。
ギンギラギンにさりげなくでTravis Japanが登場。マッチ先輩の真後ろで踊る17歳ラスト宮近…!普段の愛くるしさはどこへやら、凛々しい表情、重心が低いと噂のキレキレダンス。
「宮近かわいい」なんて言ったら怒られてしまう。宮近はカッコイイのだ。
かっちりした衣装もよく似合っている。本当に来て良かった、私は君に会いに来たんだよ。
 
どれ、しゃまいん氏へのお土産に宮近以外のメンバーも拝んでおくとしようかな、なんてこれまた軽い気持ちだった。
 
下手側に弟組、上手側に兄組…
さっきから異様なオーラを放っている子がいるんだけど、私がトラジャに於いて宮近以外に心を許すなんてないからw(と言いつつサマステで手負いのシャニーを目の当たりにし涙した)
…って、え、うわ  ヒロキ君 うわ なまめかしい うわ、うわ、ヒロキ君うわ…キミってそんなにカッコよかったの トレンディなだけじゃなかったの うわぁそんな 危ない、これ以上ヒロキ君見るの危ない
あっまた異様なオーラが双眼鏡に!?まったく、さっきからキミはなん……ぁ……の、の のえぇ……のえたんん…これが…この男が川島如恵留……なんて妖艶!なんて情熱的!何これ、この子ヤバイ、誘ってる…ホントだ、客席を誘っとるやないか…!だめだ、見なくちゃ!いま川島如恵留を見ておかないと絶対後悔する!の、のえぇ、のえぇ、のえたんん〜…!!
 
異様なオーラの震源は川島如恵留だった。
Travis Japanの洗礼を受け、私は食わず嫌いが如何に愚かしいことか思い知った。
 
翌日の仕事の事を考え、途中で抜け出し帰路についた。
夜風に当たっても興奮は冷めやらず。
宮近はもちろんカッコよかった。
ヒロキ君はすごくカッコよかった。
のえたん…のえたんがすごい…よく分からんがのえたんはすごい…。
 
好きという感情は決して数値化できるものではないが、元々好きな子をもっと好きになるのと、完全にノーマークだった子の魅力に気付かされるのとでは大きな違いがある。
 
「好き」の反対は「嫌い」ではなく、「無関心」だと思う。
当初の苦手意識はきっとこの日のための伏線だったのだ。
 
初対面だけが出会いじゃない。
星占いの本によく書いてあるが、元々面識のあった人、古くからの知り合いだったとしても、その人の新しい一面や魅力に気付くことも出会いのひとつと云われる。
のえたんのことはぼんやりとしか認識していなかったが、素晴らしい出会いだった。
今度はいつのえたんに会えるのだろうか。
 
それにしても、宮近目当ての現場に入る度に新しい出会いがある。
単にカラシマにDDの素質があるだけなのでは?という疑問はさておき、宮近は出会いを運んでくる天使か何かかな?ん?かわいいね宮近?